役に立つ!シール印刷専門店

比較して良いサイトに依頼すると良い

仕事で利用する大量のシール、単なるシールではなくシールに印字されたものを購入して使うなら、インターネットの通販サイトを利用すれば、さまざまなメリットが得られます。しかし、インターネットを使って調べるとわかりますが、シール印刷対応してくれるサイトは多いです。

どこのインターネットの通販サイトを利用してシール印刷を依頼すれば良いでしょう。初めての方はわかりませんから、比較検討サイトを利用して理想的な通販サイトを利用します。比較することで今までわからなかったことが手に取るようにわかります。

インターネットの比較サイトで確認すべきことはどんなことでしょう。まずは料金体系を比較してリーズナブルなところを見つけましょう。次に納期がどれだけスムーズなのかも確認しておきます。最後に利用者の生の声、いわゆる口コミ情報をチェックします。

DEGITA

おすすめ度 ★★★★★
サービス度 ★★★★
利用満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
情報の多さ ★★★★
公式サイトはコチラ

DEGITAは専用のデザイン作成ソフトがあるので、簡単にデザイン作成を行う事が出来ます。市販のソフトと違う点は再度入稿する手間が省ける点です。使用環境も一般的なパソコンであれば問題ない点も魅力的です。

印刷出来る媒体には様々なものがあり、シール印刷にも対応しています。シール素材も多くのものから選択出来て、従来のオフセット印刷と仕上がりが変わらないデジタルオフセット印刷で仕上げてくれます。素材も和紙のように珍しいものもあります。

リピート率が90パーセントを超えている点からも利用者が非常に満足しているといえます。見積りから注文確定までもウェブ上で完結出来るので、手早い発注が可能です。条件がクリアされていれば翌日発送も可能です。

プリントネット

おすすめ度 ★★★★
サービス度 ★★★★
利用満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★★
情報の多さ ★★★★★
公式サイトはコチラ

印刷通販プリントネットでは、シール印刷もてがけています。25点や50点といった小ロットからの印刷が可能なので、小規模での生産が可能です。また、1000点以上や10000点などの大ロットにも対応しています。個人が同人イベントなどで配布したい場合でも、企業が全国展開したい場合でも利用することができるのが印刷通販プリントネットでのシール印刷です。

印刷する際のデザインは、シングルデザインとマルチデザインの二種類から選べます。前者は、一つの紙に同一サイズ・同一デザインのシールを複数配置する方法です。後者は、一つの紙に違う形やサイズ・デザインのシールを複数配置することです。シングルデザインの場合は、お店で使うラベルとして使うのに便利です。マルチデザインの場合は、キャラクターもののシールなどを販売するときに便利です。

印刷通販プリントネットでは、納品日を3営業日か5営業日かで選ぶことが可能です。3営業日だと値段が割高になりますが、急いでいるときに助かります。5営業日だとゆっくりですが値段がお安く済みます。

グラフィック

おすすめ度 ★★★★
サービス度 ★★★★★
利用満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
情報の多さ ★★★★★
公式サイトはコチラ

印刷の通販グラフィックでは、20種類以上の素材から選択可能な様々なシール印刷サービスを提供しています。価格表や選択フォームからの簡潔な発注が可能で、急ぎの発注でもイメージ通りの仕上がりが期待出来ます。

また種類によっては1部単位での受注にも対応しています。必要量だけを注文出来るのでロスが少なく、大量製作を見据えた試作や少量多品種を取り揃えたいといったニーズに対しても、的確に対応可能となる強みを有しています。

価格・納期は注文フォームに明記されており、見積もり要らずでスムーズに製作依頼をする事が出来ます。故に少量のみならず、大量発注・リピートにも向くので、法人顧客も利用し易くなっています。

ADPRINT

おすすめ度 ★★★★
サービス度 ★★★★
利用満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
情報の多さ ★★★★
公式サイトはコチラ

ADPRINTであればオリジナル性の高いシール印刷を依頼することができます。デザインの種類も豊富ですので、お好みのものデザインのものが必ず見つかります。形や色など、ご希望に応じて適切な商品を提供していただくことが可能だということです。

ADPRINTでは季節ごとのシール印刷デザインが用意されています。夏であれば、海をイメージしたデザインが用意されていますので、ご利用用途の幅も広がることでしょう。企業ロゴやシンボルマークをあしらったオリジナルの商品が作成可能であるということです。

ADPRINTでは注文内容に対して忠実な仕事をしてくれます。企業のロゴは、その企業の顔として大変重要度が高く、細かい部分にこだわりのある注文が多いですが、過去に注文をした大企業や小規模のベンチャー企業では好評を得ているということです。顧客満足度は非常に高いです。

ラスクル

おすすめ度 ★★★★
サービス度 ★★★★
利用満足度 ★★★
使いやすさ ★★★
情報の多さ ★★★★★
公式サイトはコチラ

ラスクルを利用することで自分好みのシールを簡単に作成することができるようになっているだけでなく、必要に応じて大量に作成することもできるようになっています。ですから企業の方も利用することができるのではないかと考えられます。

ちなみにスタッフの方がすぐに質問に対応してくれることから、想像している以上に簡単にシール印刷することができるようになっています。そして見積もりも早めに出してくれることから、料金の面で心配することなく利用することができるのではないでしょうか。

また注文を24時間受け付けていることから、特に企業の方は大変助かるのではないかと考えられます。そしてイベントなどを開催する方もすぐに必要なシールを用意することができるので、安心することができるのではないでしょうか。

激安印刷通販ならラクスル

シール直販便

おすすめ度 ★★★
サービス度 ★★★
利用満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★★
情報の多さ ★★★★★
公式サイトはコチラ

シール印刷をご希望の方には、シール直販便をおすすめします。業者企業にも豊富なテンプレートが用意されていますが、オリジナルのお品をご注文にしたがってすぐに作成してくれるサービスも行っています。公式サイトから簡単に注文依頼が行えます。

インターネット上にサイトがあり、リストの閲覧も注文もすぐに行えますので、全国どちらにお住まいの方でも同じサービスを受けることができます。企業やその他団体などの法人単位での注文も増えています。企業のロゴや企業理念などをステッカーにすることが流行っています。

シール直販便の公式サイトには、わかりやすいご利用ガイドが設置してあります。老若男女問わずどなたでも分かりやすい仕様になっていますので、豊富なお品があるサイトでも迷うことはありません。お品に関してご不明なことがある際には、すぐにお問い合わせもできます。

シール印刷を業者にお願いする時のポイント

オリジナルのシールを作ってもらいたいと感じているなら、特定の印刷業者にシール印刷をお願いするのが基本となります。印刷業者によって、値段や技術力が大きく異なるので最初の業者選びが非常に重要なポイントになるでしょう。どこの印刷業者が選ばれ続けているのか、そこに焦点を当ててよく考えることが大事だといえます。基本的にインターネットを利用すると、口コミ情報サイトなどから、人気の高い業者の情報を見極めることが可能です。やはり、お願いしたことがある人の体験談が、結局のところ1番大きな参考材料になってくれるでしょう。身の回りでシール印刷をお願いしたことがある人がいるなら、その人からどこの業者がお勧めなのか教えてもらうのが手っ取り早いです。あくまでも素人判断せず、詳しい人の話を参考にしたほうが無難だといえます。

シール印刷をしてもらう上で重要なのは、やはりデザインの伝達です。特にインターネット上でやりとりを行う場合、こちら側がどのようなデザインを望んでいるのか、しっかりと伝える必要があります。ファックスを利用しながら、さらにメールでデザインを添付するようにしておきましょう。さらに、電話で何度もやりとりを行いつつ、繰り返しミーティングを行うと、希望通りのデザインが出来上がる可能性も高くなります。たとえ希望とは少々異なるデザインが出来上がってしまっても、完全にオーダーメイド製品であると言う性質上、返品は難しいです。そのことをしっかりと理解した上で、時間をかけて慎重に作ることが重要と言えるでしょう。せっかく料金を支払ってお願いするわけですから、どうせなら細かいところまで妥協せず、間違いのないものを作ってもらうことが大切だといえます。

ちなみに、シール印刷をしてもらうときは、デザインだけではなく、選んだ素材や大きさによって料金が異なります。当たり前ですが、お願いした部数によっても料金が変わってくるので、予算オーバーにならないように注意しましょう。印刷業者にお願いする前に、こちらの予算を先に伝えておくことが大事です。良心的な印刷業者であれば、その予算内でどのようなシール印刷ができるのか、そしてどれだけの枚数を発注できるのかをすぐに教えてくれます。また、ビジネス目的のシール印刷なら、最初から法人契約を結ぶことができるかどうか、確認しておきましょう。何度か繰り返し印刷をお願いすることで、後ほど法人契約が可能になる強者もいます。できるだけ法人として契約した方が、さらに安い値段で発注できる可能性が高くなるので、前向きに検討しておきたいところです。

ページトップへ