ソーシャルレンディングの資金集めとは

従来の資金調達方法にはなかった資金集めの方法が、ソーシャルレンディングです。インターネットが、金融の世界を変えたと言われています。利回りが10%以上で不動産担保が付き、投資期間2年以内の案件であれば、募集と同時に投資家が殺到するという実績があります。高利回りの投資案件が少ない背景からだぶついた資金が集まりやすい環境にあります。事業内容が、投資家の心を打てば募集は比較的簡単です。資金集めの多様化を先取りする手段として注目されています。投資家と借主の仲立ちをする事業会社の存在は、震災後の復興事業に使われたインターネットを使った金融の手段の延長としてシステム構築を発展させてきました。資金集めのさらなる多様化が、金融の世界でも求められるようなってきました。

そもそもソーシャルレンディングって何

「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」を、インターネットで通じてマッチングさせることです。銀行などの金融機関と違うのは、ソーシャルレンディング会社自体は、資金を預かって運用したり、資金を集めて利子をとることはありません。投資家と借入れをする人の契約の手続きをして資金を受け渡すだけです。このため人件費が抑えられ低コストで経営が実現できます。そのため通常の借入れ、貸し付け事業に比べて簡素な仕組みを利用できるために投資家により高利回りを確保することができます。借入れをする人にとっては、多岐な借入れの手段を確保することによって、金融機関に依存することなく資金繰りができます。投資家の側では、低金利で行き場のない資金にとって、金融機関では提供できない高利回りは魅力があります。ネットでしっかりとした内容が開示されていれば資金が出しやすいです。事業会社は、資金が集まりやすく貸付額を設定することによって募集に弾力性を持たすことができます。まさに3者簡にウィンウィンの関係が生まれます。

なぜ資金集めの方法としておすすめなのですか

インターネットでの資金調達は、プロジェクトをアピールするところから始まります。「消費者の心」をつかむマーケティングの要素があることが必要です。資金は、投資を決意させる魅力ある要素があれば比較的容易に集めることができます。銀行の融資のような、資産の裏付けを求める杓子定規な手続きは必要ありません。インターネットで資金を集めるメリットは次の点があげられます。①少額出資が多いので投資に参加しやすくなります。②募集のアピールが広告効果をもたらすことになります。③銀行や公的資金より比較的融資を受けやすいです。新しい資金調達の方法として、投資家のみならず新規事業の起業家にも期待が寄せられています。不動産の担保が提供されることにより借入れはより容易になりますし、インターネットは未来を語れるツールとしての役割ももっていることから将来性を見込んだ投資をしたいという需要にもこたえることができます。事業を運営していくうえでは、資金調達の幅が広がることは大きなメリットにつながります。

みんなのクレジットではソーシャルレンディングという新しい投資手法をご提案します。 法人向けの不動産や飲食店などの融資にご興味のある方はこちら。 みんなのクレジットでは案件の成約が成立した場合の手数料もかかりません。 中小企業支援向けのローンファンドにご興味のある方はこちらへ。 事業資金の運用や投資のご提案をさせていただきます。 みんなのクレジットでは少額から資産運用ができます。 ソーシャルレンディングの資金集めの仕組みをチェック