ソーシャルレンディングの資金集めのやり方

ソーシャルレンディングは一般の金融機関の融資に比べ資金集めがしやすいと言われています。金融機関の自らの資金を融資する場合と異なりその基準が比較的低いほか、金利についても通常の金融商品とは異なり一般の投資家から投資目的で集めた資金を転用して貸し付ける方法なので、有利であるという側面が有ります。ただし、一般的に投資を受ける場合とは異なりあくまでも貸付であることから返済の義務を負わなければならないほか、定期的な経営状態の報告が義務付けられるなどの制約があります。但し、一般投資家からの投資の場合は急に資金が引き上げられる危険性があるのに対し貸付期間が補償されるため資金計画が立てやすいほか、返済に関しても計画性が持てるところから融資を受けやすいというメリットがあります。

ソーシャルレンディングの資金集めの方法とは

一般的な資金調達に場合には資金を提供してくれる相手のメリットを前面に出すことが重要になります。金融機関から融資を受ける場合には第一に返済をきちんと行うこと、また利息をきちんと支払うことが約束できることが大前提になります。又、投資家の場合にはその投資家にとって高い利益が有ることが説明できることが重要となります。しかし、ソーシャルレンディングに於いては資金を提供してくれる投資家に取って利益が有ることは重要ですが、直接投資家と接触することが少ないためその利益性を追求されることが無いのが大きなメリットです。その為、金融機関の通常の融資や投資家からの投資を受ける場合に比べ事業の方向性を明確に打ち出して投資を受けることが出来るため資金調達がしやすいという面があります。

効果的な資金集めの方法に於いて注意する事

ソーシャルレンディングの特徴は、直接投資をしてくれる人に対して収益性や事業性を訴えるのではなく、あくまでも事業の正当性や収益性を客観的に評価して融資の是非を決めるところが大きな特徴です。金融機関に融資を申し込む場合には事業計画書と収益計画書が非常に重要となります。特に収益計画書は融資を行う上で返済が計画的に行われるかどうかを判断するために非常に重要な要素となります。その為金融機関が自己資金を融資する場合には収益計画書が大きな要素となります。しかし、広く投資家から資金を集めて融資する場合には投資家の理解を得られるかどうかを主眼とするため、収益性よりも事業の意義が重視されることが多いのです。その為、このような方式で資金集めをする際には事業の内容についてもしっかりと訴求する事が大切です。