ソーシャルレンディングの資金集めを円滑に行う方法

ソーシャルレンディングが最近はやっています。そもそもこれは何かといえば金融機関などの会社以外の個人がお金の貸し借りを行うことです。個人の貸し借りというよりは全く見ず知らずの人との間でインターネットを通じて貸し借りをおこないます。個人と個人の間には仲介業者が挟まりますが仲介業者がある故に安心できるもあるのではないでしょうか。まったく仲介業者を間に挟まずに、個人と個人だけでお金を貸し借りしているとすれば少し危険です。ですが仲介業者の間にはさんで取引きをすることで、知らない者同士でも安心してできるようになります。これを利用する場合は、投資家の方では審査を受けなければなりません。借り主のほうも審査を受ける必要があります。では借り主の方の審査はどのようなものでしょうか。

資金集めのために行う審査は厳しいか

借り主が資金集めのためにソーシャルレンディングを利用する場合、審査を行う必要がありますが、この審査は特別に厳しいわけではありません。基本的にこの仕組みを利用する人は、個人的にお金を借りる可能性は低く、多くの場合は会社を始めたりする場合や資金繰りに困ったときに利用するものです。そのように考えると、審査自体は現在お金を持っているかどうかという点はそれほど重要ではないことがわかります。それよりも、事業のどのようなものにお金を使い、どのような収益を見込めるかなどが重要になります。審査をする場合にはオークション型とマーケット型の2種類がありますが、このうちマーケット型の方を選ぶと審査が必要になるのです。オークション型の方を選んで資金集めをする場合は、投資家に対して自己アピールをする必要があります。

資金集めをするに当たり危険性はないか

借り主として心配になるのは、資金を集めるときに危険性がないかということです。また当然投資家の方も危険性については十分認識をしているはずです。ソーシャルレンディングの場合には、必ず仲介業者がいますので安心です。オークション型の場合は、投資家としては借り主を直接見ることができますので、その借り主が信用できるかどうかは判断することが可能です。借り主側としては、投資家に信用される情報をたくさん与えることが重要です。もちろん、うその情報はいけません。一方で、マーケット型の場合は、相手のことを見ることができない場合が多いです。つまり、情報を閲覧することができないため、どのような人が借り主なのかがはっきりと分からないことがあります。ですが借り主にはそれぞれランク分けがされていますので、ランクを下げないようにすることが大事ではないでしょうか。